腫瘍マーカー検査の項目

腫瘍マーカーの項目から検査キットをお調べ頂けます。

腫瘍マーカーCEA

CEA

CEAは、消化器系の「がん」、特に大腸がんや胃がん、すい臓がんなどの指標として用いられますが、このマーカーは、ある臓器に特異的に陽性になるわけではなく、食道がん,肺がん,乳がん、肝臓がんなどでも陽性を示すことがあります。
がんの進行するほどCEAは高値となりますが、がん以外でも肝硬変、慢性肝炎、閉塞性黄疸、糖尿病などでも高値になることがあります。 また、喫煙の影響で高くなることも知られています。

CEA検査のページへ »

腫瘍マーカーAFP

AFP

AFPは、比較的肝臓に特異的なマーカーで、特に肝細胞癌で陽性となります。その他、乳児性の肝炎、肝芽腫でもかなりの確率で陽性となります。
転移性の肝癌がんでも高値を示すことがありますが、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変などの良性肝疾患でも高くなることが知られています。

AFP検査のページへ »

腫瘍マーカーCA19-9

CA19-9

CA19-9は,正常組織中の唾液腺, 胆管,気管支腺などに存在しており、消化器癌,特に膵・胆のう・胆管癌において高い陽性率を示します。
しかし、このマーカーは、ある臓器に特異的に陽性になるわけではなく、その他の消化器癌(胃癌・大腸癌)、肺癌、乳癌などでも陽性を示すことがあります。

CA19-9検査のページへ »

腫瘍マーカーCA125

CA125

検査の目的:CA125の量で主に女性特有の臓器の状態を調べます。CA125は,卵巣がんを調べるマーカーとして、最も利用されています。
CA125は、卵巣がんで最も陽性率が高くなることが知られていますが、その他に、子宮がんや卵管がん等や子宮内膜症、良性卵巣腫瘍などの良性疾患で高くなることが知られています。

CA125検査のページへ »

腫瘍マーカーPSA

PSA

名前から推測できるように、PSAは前立腺に特異的で前立腺がんになると血中に増加してきます。 そのため、PSAは、前立腺がんの診断や経過観察には非常に有効なマーカーと言われています。

PSA検査のページへ »

腫瘍マーカー p53抗体

p53抗体

「p53抗体」検査は2007年11月に厚生労働省において乳がん、大腸がん、食道がんの診断に保険適用が認められた新しい腫瘍マーカーです。
p53抗体では臓器特異性が少ないこともあり、陽性時は全身のスクリーニングが必要です。

p53抗体検査のページへ »

ページの先頭へ戻る