肝炎ウィルスが気になる方

B型肝炎やC型肝炎が気になるが検査に行く時間がない方は、自宅で検査できる血液検査キットでB型肝炎・C型肝炎を検査することができます。検査結果はメール速報は3日程度、結果シートは1週間程度でご指定場所に郵送されます。

B型/C型肝炎セルフチェック

B型/C型肝炎検査キット
商品名
B型/C型肝炎セルフチェック 5-6営業日
価格(税込)
10,584円 9,800円 特別価格
送料
全国無料
手数料
無料
検査項目
B型肝炎ウィルス抗原,C型肝炎ウィルス抗体
検査内容
血液検査
管理医療機器承認番号 21600BZZ00007000
採血について
返品について
返品につきまして
数量:
  • 本サービスは検査と検査結果を通知するものです。病態の診断は本人の責任において、医療機関で受診して下さい。
  • この検査にはカスタマーセンターが準備されています。
  • 検査に失敗しても検査セットが再送されます。
ご購入に際してスピード発送・個人情報保護・丁寧なサポートをお約束します

ウィルス性肝炎について

ウィルス性肝炎は、肝炎ウィルスに感染し肝臓の細胞が壊れていく病気で、慢性肝炎・急性肝炎・劇症肝炎などに分けられ、慢性肝炎の70%~80%がC型肝炎によるもので、患者数は約150万人といわれています。

主な肝炎ウィルは、A型・B型・C型・D型・E型の5種類あり、B型とC型肝炎ウィルス患者・感染者は300万人を越しています。

B型肝炎について

B型肝炎はB型肝炎ウィルス(HBV)の感染により発病する肝臓の病気です。B型肝炎には急性B型肝炎と慢性B型肝炎があり、慢性B型肝炎はB型肝炎ウィルに持続感染している方が発病したものです。慢性B型肝炎を放置すると肝硬変や肝がんへ進行する場合があります。

C型肝炎について

C型肝炎はC型肝炎ウィルス(HCV)の感染により発病する肝臓の病気です。C型肝炎ウィルスに感染すると、約70%の人がC型肝炎ウイルス持続感染者(HCVキャリア)となり、肝硬変や肝がんへと進行する場合があります。

感染について

肝炎ウィルスは、以下のような場合に感染が起こることがあります。

  • 肝炎ウイルスが含まれている血液の輸血等を行った場合
  • 注射針・注射器を肝炎ウイルスに感染している人と共用した場合
  • 肝炎ウイルス陽性の血液を傷のある手で触ったり、
  • 針刺し事故を起こしたりした場合(特に保健医療従事者は注意が必要です。)
  • 肝炎ウイルスに感染している人が使用した器具を、適切な消毒などを行わずにそのまま用いて、入れ墨やピアスの穴あけなどをした場合
  • B型肝炎ウイルスに感染している人と性交渉をもった場合
  • B型肝炎ウイルスに感染している母親から生まれた子に対して、適切な母子感染予防措置を講じなかった場合

厚生労働省サイトより

B型、C型肝炎ウィルスは主に血液や体液を介して感染します。また、症状がでるまでに時間を要する場合もございますので、特に輸血や手術の経験がある方は、一度は検査をしてみることをお勧めします。

B型/C型肝炎セルフチェックはこんな検査です

肝炎ウイルスに感染しているかどうかを血液検査して調べます。

検査項目 :
B型肝炎、C型肝炎
HBs抗原 :
B型肝炎ウィルス抗原検査
HCV抗体 :
C型肝炎ウィルス抗体検査
ページの先頭へ戻る