ペプシノーゲンが気になる方

胃の調子が気になる、検査したいけど時間がない、バリウムは苦手、胃カメラが怖い。そんな方に自宅でできる胃がんリスクチェックをお勧めします。

ペプシノーゲン検査

ペプシノーゲン検査
商品名
ペプシノーゲン検査
価格(税込)
販売終了
送料
全国無料
手数料
無料
検査項目
ペプシノーゲンⅠ,Ⅱ
この検査は腫瘍マーカー検査ではありません
検査内容
ペプシノーゲン検査
管理医療機器承認番号 21600BZZ00007000
採血について
返品について
返品につきまして

ペプシノーゲン検査の販売は終了致しました

  • 本サービスは検査と検査結果を通知するものです。病態の診断は本人の責任において、医療機関で受診して下さい。
  • この検査にはカスタマーセンターが準備されています。
  • 検査に失敗しても検査セットが再送されます。
ご購入に際してスピード発送・個人情報保護・丁寧なサポートをお約束します

ペプシノーゲン検査はこんな検査です

結果シート

胃ガンは、ガン部位別死亡順位では女性1位、男性2位となっています。
しかし、早期発見できれば5年生存率が90%と高く、早期発見、早期治療が重要だと言われています。

【ペプシノーゲン検査】

ペプシノゲン(ペプシノーゲン)とは胃の消化酵素であるペプシンになる物質で、胃粘膜の荒れ具合や胃酸分泌の状態によりペプシノーゲンの数値が変化します。ペプシノーゲンにはペプシノーゲンⅠとペプシノーゲンⅡがあり、これらの比は胃の粘膜の萎縮の程度を反映します。
胃の粘膜の収縮が続くと、胃がん発生の引き金ともいわれている慢性萎縮性胃炎となります。
この検査では「胃がんリスク(胃粘膜の萎縮)度合」として、ペプシノーゲンのⅠとⅡを測定します。

胃がんの発生母体といわれる慢性萎縮性胃炎の検査として利用されているペプシノーゲン検査を行うことにより、胃がんのスクリーニング検査(胃がん検診)として有効です。

【検査項目】

ペプシノーゲン検査 :
ペプシノーゲンⅠ・Ⅱ
ページの先頭へ戻る