女性がんや胃がんリスクが気になる方

現在、国内の死亡原因の3分の1が悪性新生物(がん)によるものといわれております。
がんは早期に発見し治療を開始すると完治できるものもあります。血液検査だけでは、がんの発見や診断、部位の特定はできませんが、がんリスクの指標としては有効ですので、定期的ながん検診を受診するきっかけとしてください。

胃がん+女性がんリスクチェック

胃がん+女性がん
商品名
胃がん+女性がんリスクチェック 5-6営業日程度で発送
価格(税込)
9,180円(税込) 特別価格 
送料
全国無料
手数料
無料
検査項目
CA125、CEA、ペプシノーゲン
検査内容
腫瘍マーカー検査
管理医療機器承認番号 21600BZZ00007000
採血について
返品について
返品につきまして
数量:
  • 検査結果が基準値を超えていた場合には、ドクターコールセンターへのホットラインをご用意
  • 本サービスは検査と検査結果を通知するものです。病態の診断は本人の責任において、医療機関で受診して下さい。
  • この検査にはカスタマーセンターが準備されています。
  • 検査に失敗しても検査セットが再送されます。
ご購入に際してスピード発送・個人情報保護・丁寧なサポートをお約束します

胃がん+女性がんリスクチェックはこんな検査です

結果シート

【ペプシノーゲン検査】

ペプシノーゲン(ペプシノゲン)とは胃の消化酵素であるペプシンになる物質で、胃粘膜の荒れ具合や胃酸分泌の状態によりペプシノーゲンの数値が変化します。ペプシノーゲンにはペプシノーゲンⅠとペプシノーゲンⅡがあり、これらの比は胃の粘膜の萎縮の程度を反映します。
胃の粘膜の収縮が続くと、胃がん発生の引き金ともいわれている慢性萎縮性胃炎となります。
この検査では「胃がんリスク(胃粘膜の萎縮)度合」として、ペプシノーゲンのⅠとⅡを測定します。

胃がんの発生母体といわれる慢性萎縮性胃炎の検査として利用されているペプシノーゲン検査を行うことにより、胃がんのスクリーニング検査(胃がん検診)として有効です。

【CEA】

CEAは、消化器系の癌、特に大腸がんや胃がん、すい臓がんなどの指標として用いられますが、このマーカーは、ある臓器に特異的に陽性になるわけではなく、食道がん,肺がん,乳がん、肝臓がんなどでも陽性を示すことがあります。 がんの進行するほどCEAは高値となりますが、がん以外でも肝硬変、慢性肝炎、閉塞性黄疸、糖尿病などでも高値になることがあります。また、喫煙の影響で高くなることも知られています。

【CA125】

CA125の量で主に女性特有の臓器の状態を調べます。CA125は,卵巣がんを調べるマーカーとして、最も利用されています。 CA125は、卵巣がんで最も陽性率が高くなることが知られていますが、その他に、子宮がんや卵管がん等や子宮内膜症、良性卵巣腫瘍などの良性疾患で高くなることが知られています。

【検査項目】

ペプシノーゲン検査:
ペプシノーゲンⅠ・Ⅱ
腫瘍マーカー検査 :
CEA(消化器系) / CA125(卵巣等)

検査の流れ

検査の流れ画像

採血方法

採血方法を画像で確認したい場合はこちら »

ページの先頭へ戻る