腫瘍マーカー検査/がんリスク検査

タイプに合わせた検査キットをご選択ください。
腫瘍マーカー検査キットには、胃がん・大腸がん、すい臓がん・肝臓がん、前立腺がんや卵巣がん、食道がんの腫瘍マーカーをご用意しております。この他、ペプシノーゲン検査やピロリ菌検査による胃がんリスクをチェックできる商品も用意。

腫瘍マーカー検査 がん検診を受けていない、受けられない方におすすめ!

がんリスクチェッカー
  • がんリスクチェッカー
  • おすすめ!
  • p53抗体(乳がん・大腸がん・食道がんの腫瘍マーカー)とCEA(消化器系がんを中心とした腫瘍マーカー)を検査することができます。
8,800円(税込)
ご注文はこちら
女性がん検査
  • 女性がん総合検査キット
  • 売れてます!おすすめ!
  • CEA(消化器系がんを中心とした腫瘍マーカー)とCA125(卵巣がんを中心とした腫瘍マーカー)、CA19-9(すい臓がんを中心とした腫瘍マーカー)の検査をすることができます
8,150円(税込)
ご注文はこちら
男性がん検査
  • 男性がん総合検査キット
  • おすすめ!
  • CEA(消化器系がんを中心とした腫瘍マーカー)とPSA(前立腺がん腫瘍マーカー)、AFP(肝臓がんを中心とした腫瘍マーカー)の検査をすることができます。
8,150円(税込)
ご注文はこちら
胃がん+女性がん検査
  • 胃がん+女性がんリスクチェック
  • CEA(消化器系がんを中心とした腫瘍マーカー)とCA125(卵巣がんを中心とした腫瘍マーカー)に加え、ペプシノーゲン検査を同時に行います。
8,400円(税込)
ご注文はこちら
胃がん+男性がん検査
8,400円(税込)
ご注文はこちら
前立腺がん検査
販売終了
ご注文はこちら
胃がん検査
  • 胃がんリスクチェックABC分類
  • ペプシノーゲンとピロリ菌による胃がんリスクを同時に検査できます。検査に行きたいけど時間がないがない方にお勧めです。
9,720円(税別)
ご注文はこちら
ペプシノゲン検査
販売終了
ご注文はこちら
ピロリ菌検査
6,200円(税込)
ご注文はこちら

腫瘍マーカー検査項目 腫瘍マーカー項目から検査を選びたい方向け!

CEA
  • CEA検査
  • CEAは、消化器系の「がん」、特に大腸がんや胃がん、すい臓がんなどの指標として用いられます。
詳細はこちら
AFP
  • AFP検査
  • AFPは、比較的肝臓に特異的なマーカーで、特に肝細胞癌で陽性となります。その他、乳児性の肝炎、肝芽腫でもかなりの確率で陽性となります。
ご注文はこちら
CA19-9
  • CA19-9検査
  • CA19-9は,正常組織中の唾液腺, 胆管,気管支腺などに存在しており、消化器癌,特に膵・胆のう・胆管癌において高い陽性率を示します。
ご注文はこちら
CA125
  • CA125検査
  • 検査の目的:CA125の量で主に女性特有の臓器の状態を調べます。CA125は,卵巣がんを調べるマーカーとして、最も利用されています。
ご注文はこちら
PSA
  • PSA検査
  • 名前から推測できるように、PSAは前立腺に特異的で前立腺がんになると血中に増加してきます。
ご注文はこちら
p53抗体
  • p53抗体検査
  • p53抗体は2007年11月に厚生労働省において乳がん、大腸がん、食道がんの診断に保険適用が認められた新しい腫瘍マーカーです。
ご注文はこちら
ろ紙や遠心器を使わない血液検査キットです

腫瘍マーカーについて

腫瘍マーカーとは、がん細胞がつくる、または、非がん細胞が、がん細胞に反応して作る物質のうちで、がん細胞の存在、細胞の種類とその量を反映する指標となるものを言います。

腫瘍マーカーの特徴

  • 正常な細胞が、がん化することによって増加する
  • 正常細胞の炎症や良性疾患などでも増加する
  • その他加齢・喫煙・生理周期などでも変動する
  • がんの部位の特定ができない(一部の腫瘍マーカーを除く)
  • 基準値以上でも良性疾患である場合がある
  • 基準値以下でも細胞が、がん化している場合がある

腫瘍マーカーの役割

  • ガンのスクリーニング
  • ガンのハイリスク群の選別と追跡
  • ガンの有無と進行度診断の補助
  • ガンの原発臓器と細胞の種類の診断
  • ガンの治療効果の判定
  • ガンのモニタリング(再発の予知)

腫瘍マーカーは、医療機関では、「がん」の診断のための補助診断として使われている検査項目です。

がん診断のためには、医療機関で精密検査(画像検査・細胞診検査)と医師の総合的な判断が必要です。

ページの先頭へ戻る