がん検査

腫瘍マーカーについてよく分からない場合は、こちらの「がんの部位に対応する腫瘍マーカー」から検査キットお選び頂けます。

胃がん

胃がんの検査

腫瘍マーカーのCEA検査が「胃がん」の指標として用いられます。このほか、胃がんリスクといわれる「ペプシノゲン検査」「ピロリ菌検査」などがあります。

胃がん検査のページへ »

肝臓がん

肝臓がんの検査

腫瘍マーカーのAFP検査は、比較的肝臓に特異的なマーカーで特に肝細胞癌で陽性となります。 転移性の肝癌がんでも高値を示すことがありますが、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変などの良性肝疾患でも高くなることが知られています。このほか、CEA検査も肝臓がんで陽性反応を示すことがあります。

肝臓がん検査のページへ »

すい臓がん

すい臓がんの検査

腫瘍マーカーのCEAやCA19-9検査が、すい臓がんなどの指標として用いられています。CEAは消化器を中心としたマーカーです。

すい臓がん検査のページへ »

大腸がん

大腸がんの検査

腫瘍マーカーのCEAやCA19-9検査が、すい臓がんなどの指標として用いられます。このほか、新たに大腸がんの診断に保険適用が認められた「p53抗体検査」などがあります。

大腸がん検査のページへ »

食道がん

食道がんの検査

腫瘍マーカーのCEAやCA19-9検査が、食道がんなどの指標として用いられます。このほか、新たに食道がんの診断に保険適用が認められた「p53抗体検査」などがあります。

食道がん検査のページへ »

前立腺がん

前立腺がんの検査

腫瘍マーカーのPSA検査は、前立腺がんの診断や経過観察には非常に有効なマーカーと言われています。

前立腺がん検査のページへ »

乳がん

乳がんの検査

「p53抗体」検査は2007年11月に厚生労働省において乳がんの診断に保険適用が認められた新しい腫瘍マーカーです。このほか、CEA検査でも陽性を示すことがあります。

乳がん検査のページへ »

卵巣がん

卵巣がんの検査

腫瘍マーカーのCA125検査は、卵巣がんを調べるマーカーとして最も利用されています。CA125は、卵巣がんで最も陽性率が高くなることが知られていますが、その他に、子宮がんや卵管がん等や子宮内膜症、良性卵巣腫瘍などの良性疾患で高くなることが知られています。

卵巣がん検査のページへ »

子宮がん

子宮がんの検査

CA125は、卵巣がんで最も陽性率が高くなることが知られていますが、その他に、子宮がんや卵管がん等や子宮内膜症、良性卵巣腫瘍などの良性疾患で高くなることが知られています。

子宮がん検査のページへ »

ページの先頭へ戻る