胃がんABC検診のABC分類って?

ABC分類って?

ABC分類は、ピロリ菌感染の有無(ピロリ菌抗体価)と萎縮性胃炎の有無およびその程度(ペプシノゲン値)を測定・判定し(ペプシノゲン法)、二つの検査結果を組み合わせ、胃がんになりやすい状態かどうかをA群~D群の4段階で分類します。A群→B群→C群→D群の順に胃がんの危険度が高くなります。ABC分類は、がんそのものを見つける検査ではありません。

胃がんになる危険度がきわめて低い、ピロリ菌の感染がなく(未感染)胃粘膜が健康な人たち(A群)を、精密画像検査(内視鏡検査など)の対象からはずし、ピロリ菌に感染または,かつて感染(既感染)して、胃粘膜に萎縮のある人たち(B群~D群)には、胃がんの存在の有無を確かめる精密画像検査(内視鏡検査など)を受けていただくものです。近年、A群の割合が増えており、多くのA群の人たちが内視鏡検査などによる精密画像検査を受けなくて済む点がABC分類の大きなメリットです。

なお、ピロリ菌を除菌したひと(E群:除菌後群)はABC分類の対象外です。E群は胃がんリスクが低下しますが、A群(ピロリ菌未感染群)とは危険度が全く異なります。特に、除菌後の検査でD群と判定された人は、自覚症状がなくても毎年の内視鏡検査が必要です。

ABC分類-ピロリ菌とペプシノゲン

A群からD群までの説明とリスク度

胃がんリスチェックABC分類でピロリ菌検査、ペプシノゲン検査、ABC分類で胃がんリスクをチェックできます。

胃がんリスクチェックABC分類

« |
血液検査キット通販ハートツウオンラインへ