p53抗体 – 腫瘍マーカー

2009 年 6 月 12 日 腫瘍マーカー検査  

従来の腫瘍マーカーとp53抗体の比較

「p53抗体」検査は2007年11月に厚生労働省において乳がん、大腸がん、食道がんの診断に保険適用が認められた新しい腫瘍マーカーです。

従来の腫瘍マーカーは、血液中にある「がん細胞が作り出す成分」の量を測定していましたが、p53抗体は主にがん細胞に起こっている遺伝子の変異(p53遺伝子の変異)に対して、体内で作られる抗体の量を測定するもので、比較的早期のがんで陽性になる特徴があります。

従来の腫瘍マーカーとの比較

従来の腫瘍マーカーとの比較

p53抗体とは

乳がん、大腸がん、食道がんの癌患者の20~30%において血清中の抗p53抗体が陽性であるが、この抗体は、他の腫瘍マーカーと陽性率で重なりが少なく、組み合わせによる測定が有効である。

 また、特徴として、比較的早期のがん、すなわち治療によって根治できる可能性の高い段階での陽性率が高いことがあげられる。

 これらのことから、臨床上有用であると考えられる。

完治の可能性のある段階での発生に有効とされています。乳がん、大腸がん、食道がんの癌患者の20~30%において血清中の抗p53抗体が陽性であるが、この抗体は、他の腫瘍マーカーと陽性率で重なりが少なく、組み合わせによる測定が有効である。
 また、特徴として、比較的早期のがん、すなわち治療によって根治できる可能性の高い段階での陽性率が高いことがあげられる。

 (厚労省 中医協 「保険適用のあった新規検査項目の概要」より)

p53抗体とCEAの比較1

男性:310人、女性:307人、合計:617人の健常者に対し、p53とCEAを実施した。(リージャ社調べ)

p53抗体とcea実地データ

p53抗体とcea実地データ

p53抗体
p53抗体のみ陽性となった方は29/617名(4.7%)いらっしゃいました。
CEA
CEAのみ陽性となった方は0/617人でした。
p53抗体とCEA
p53抗体とCEAの両方で陽性となった方は2/617人(0.3%)でした。

基準値以上であっても個人差によって数値が上昇したり、別の病気によって数値が上昇する可能性もあるので診断には精密検査と医師の総合的な判断が必要ですが、p53抗体のみ陽性となった29名の方は比較的早期のがんである可能性があると言えそうです。

p53抗体とCEAの比較2

大腸がんでのp53抗体とCEA比較

大腸がんでのp53抗体とCEA比較

大腸がんの早期ステージにおいて、p53抗体はCEAに比べ、高い陽性率を示しています。

これらからp53抗体は早期ステージの「がん」に対しCEAより陽性率が高いと言えそうです。

ポイント

  • 早期ステージの「がん」に対し今までの癌マーカーより陽性率が高い
  • 部位の特定は出来ないが、多部位での異常を察知
  • p53抗体が陽性の場合、がん化するリスクがある(または高い)
  • 部位の選別、遺伝子の変異以外でのガン化を察知するためにも、今までのガンマーカーを組み合わせた検査を行うことが望ましい。
  • ガンはp53遺伝子の変異によって起こるものだけではないため、陰性であってもガンを否定することは出来ない。

商品の紹介

自宅でp53抗体検査ができる血液検査キットのご案内です。指先から2~3滴程度のわずかな血液で血液検査ができます。あとは検体を郵便投函すれば1週間程度で検査結果が郵送されてくるサービスです。

がんリスクチェッカー

がんリスクチェッカー

p53抗体とCEAを組合せた血液検査キット「がんリスクチェッカー」はこちらです - 9,261円

« | »
血液検査キット通販ハートツウオンラインへ