胃がんハイリスク検診

ペプシノゲン法とピロリ菌検査で胃がんリスクの検査
バリウムはもういやだ!血液検査で胃の検査

先日、「胃がんハイリスク検診」のニュースを見つけました。

胃の検査では、バリウムを飲んでレントゲン撮影を行うのが一般的だと思いますが、これは、胃がんのリスクをもつ人をペプシノゲン法とピロリ菌検査で洗い出す検査です。この検査でピロリ菌感染や胃の萎縮があった人たちには次なるステップの内視鏡やピロリ菌の除菌を行うそうです。

これは、東邦大学名誉教授、癌研有明病院顧問の三木一正医学博士が提唱して、胃がん検査が行われていない海外でも注目されており、東京都目黒区でもこの手法を取り入れているようです。

livedoorニュース

自宅で胃がんハイリスク検査

ペプシノゲン法とピロリ菌の血液検査が自宅で行えます。
item1_12
胃がんリスクチェックはこちら

« | »
血液検査キット通販ハートツウオンラインへ