食事を見直そう「がんを防ぐための12ヵ条」

2009 年 7 月 14 日 がん 

国立がんセンター提唱している「がんを防ぐための12ヵ条」なるものを、よく目にするようになりました。

<がんを防ぐための12ヵ条>とは
 1.バランスのとれた栄養をとる -いろどり豊かな食卓にして-
 2.毎日、変化のある食生活を -ワンパターンではありませんか?-
 3.食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに -おいしい物も適量に-
 4.お酒はほどほどに -健康的に楽しみましょう-
 5.たばこは吸わないように -特に、新しく吸いはじめない-
 6.食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる -緑黄色野菜をたっぷりと-
 7.塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから -胃や食道をいたわって-
 8.焦げた部分はさける -突然変異を引きおこします-
 9.かびの生えたものに注意  -食べる前にチェックして-
 10.日光に当たりすぎない -太陽はいたずら者です-
 11.適度にスポーツをする -いい汗、流しましょう-
 12.体を清潔に

12ヶ条のなかで7項目が食べ物に関することです。
とくに個人的に気になるのが脂肪。乳がんや、大腸がん、子宮内膜がんなどは、脂肪のとりすぎと重大な関係があると言われているようです。

肉・乳製品を、ほとんどとらなかった祖父や祖母の時代に比べ、発癌率は急激に上昇しています。もちろん肉・乳製品にも大切な栄養素が含まれているので、まったく摂取しないのもどうなのかと思います。
「がんを引きおこす物質とがんを抑える物質が食品群の中に混在している」ということを知ってバランスよい食事を心がけたいところです。

私の感想ではなく、もう少し具体的に知りたい方は、がん研究振興財団では「がんを防ぐための12ヶ条」のリーフがPDFでダウンロードできますので、ご一読してみてはいかがでしょう。
http://www.fpcr.or.jp/publication/pdf/12kajou.pdf

« | »
血液検査キット通販ハートツウオンラインへ