胃がんハイリスク検診

ペプシノゲン法とピロリ菌検査で胃がんリスクの検査 バリウムはもういやだ!血液検査で胃の検査 先日、「胃がんハイ […]

続きを読む »

p53抗体と乳がん

2009 年 6 月 24 日 腫瘍マーカー検査  

乳がんの実情 部位別・年齢階級別がんの罹患率 女性のがんの罹患率は、乳がんが第一位(結腸がんと直腸がんをあわせ […]

続きを読む »

ピロリ菌検査と胃がん

ピロリ菌と胃がんの関係 ヘリコンバクター・ピロリは、胃の内部に生息する細菌(以下ピロリ菌)で、消化性潰瘍や慢性 […]

続きを読む »

ペプシノゲン検査と胃がん

胃がん患者の胃の粘膜を調べると、ほとんどの例で萎縮性胃炎が存在するようです。また、萎縮性胃炎を経過観察すると、胃がんの発生が高いことも知られており、胃がん発生の危険因子のひとつだと考えられているようです。

続きを読む »

p53抗体 – 腫瘍マーカー

2009 年 6 月 12 日 腫瘍マーカー検査  

「p53抗体」検査は2007年11月に厚生労働省において乳がん、大腸がん、食道がんの診断に保険適用が認められた新しい腫瘍マーカーです。

従来の腫瘍マーカーは、血液中にある「がん細胞が作り出す成分」の量を測定していましたが、p53抗体は主にがん細胞に起こっている遺伝子の変異(p53遺伝子の変異)に対して、体内で作られる抗体の量を測定するもので、比較的早期のがんで陽性になる特徴があります。

続きを読む »

腫瘍マーカー検査について

3人に1人が「がん」で亡くなるといわれる現在、がん検診は重要視されています。
PET検診をはじめとして医療機関多種多様の検診を提供しています。

続きを読む »